アーヘン大聖堂(ドイツ)/観光(地図・写真・動画付き)

アーヘン大聖堂(ドイツ語:Aachener Dom)

「アーヘン大聖堂」は、ドイツの西部「アーヘン」(Aachen)にある北部ヨーロッパ最古の大聖堂であり、「皇帝の大聖堂」として言及される事も多い大聖堂です。カール大帝によって786年頃に建設が開始され、建設当時はアルプス以北では最大のドーム建築であったそうです。本聖堂は936年から1531年にかけて約600年の間、神聖ローマ帝国皇帝の戴冠式が執り行われた場所でもあり、古典主義様式、ビザンティン様式、ゲルマン様式-フランク王国様式の要素を備えるなど、非常に重要な記念碑的建造物として知られています。1978年に「アーヘン大聖堂」(英名:Aachen Cathedral)としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。(参考文献:ウィキペディア&ドイツ政府観光局ホームページ)

みんなの旅行・観光動画(写真・お土産情報付き)

動画一覧 / 写真一覧 / お土産一覧

データを取得中です


アーヘン大聖堂の地図


関連項目

sponsored link


sponsored link


バックナンバー

»
«