マウルブロン修道院(ドイツ)/観光(地図・写真・動画付き)

マウルブロン修道院(Maulbronn Monastery)

「マウルブロン修道院」は、ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州にある修道院であり、ヨーロッパに残る中世のシトー会修道院の中でも特に保存状態が良いことで知られています。1147年頃に建設され、13世紀中に診療所や食堂、貯蔵室、玄関、総会室、南の回廊、鍛冶場、ホール、桶工場、宿泊所、礼拝堂、製粉所などの建物が建てられていったとのこと(北、西、東の回廊は14世紀に建設)。また、ヘルマン・ヘッセの小説『車輪の下』の舞台となった修道院としても知られています。1993年に「マウルブロン修道院の建造物群」(英名:Maulbronn Monastery Complex)としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。(参考文献:ウィキペディア&ドイツ政府観光局ホームページ)

みんなの旅行・観光動画(写真・お土産情報付き)

動画一覧 / 写真一覧 / お土産一覧

データを取得中です


マウルブロン修道院の地図


関連項目

sponsored link


sponsored link


バックナンバー

»
«