ライヒェナウ島(ドイツ)/観光(地図・写真・動画付き)

ライヒェナウ島(Insel Reichenau)

「ライヒェナウ島」は、ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州のコンスタンツ湖に浮かぶ島であり、野菜やワイン生産の他、島の近隣に大きな湿地帯が広がっているため、渡り鳥の休息地になっている場所です。島にはライヒェナウ修道院が建っており、その他に聖ゲオルクと聖ペトロ、聖パウロに献堂された教会が2つあります。かつての修道院へ道は、湖上を渡る困難なルートであったそうですが、現在は人工の道で本土とつながっています。2000年に「僧院の島ライヒェナウ」(英名:Monastic Island of Reichenau/仏名:Ile monastique de Reichenau)としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。(参考文献:ウィキペディア&ドイツ政府観光局ホームページ)

みんなの旅行・観光動画(写真・お土産情報付き)

動画一覧 / 写真一覧 / お土産一覧

データを取得中です


ライヒェナウ島の地図


関連項目

sponsored link


sponsored link


バックナンバー

»
«