ライン渓谷中流上部(ドイツ)/観光(地図・写真・動画付き)

ライン渓谷中流上部(Rhine Gorge)

「ライン渓谷中流上部」は、ドイツのラインラント=プファルツ州の都市「コブレンツ」と「ビンゲン・アム・ライン」間のライン川65キロメートルの渓谷の事であり、ドイツの世界遺産の1つ。ライン川は交易の重要な通路として先史時代よりライン川の土手に連なる形で小さな集落が形成されてきました。時代が進むにつれ、城塞も数多く建設されるようになり、神聖ローマ帝国時代には、帝国の中枢となっていた地域でもあります。現在では、古城、古い町並みを残す都市群、聖堂、修道院といった中世以来の景観を楽しむことが出来るため、渓谷に沿ってのクルージングが盛んな地域となっています。2002年に「ライン渓谷中流上部」(英名:Upper Middle Rhine Valley)としてユネスコの世界遺産(2002年)に登録。(参考文献:ウィキペディア&ドイツ政府観光局ホームページ)

みんなの旅行・観光動画(写真・お土産情報付き)

動画一覧 / 写真一覧 / お土産一覧

データを取得中です


ライン渓谷中流上部の地図


関連項目

sponsored link


sponsored link


バックナンバー

»
«