フォロ・ロマーノ(イタリア)/観光(地図・写真・動画付き)

フォロ・ロマーノ(Foro Romano)

「フォロ・ロマーノ」は、イタリアのローマにある古代ローマ時代の遺跡であり、ローマの有名な観光地のひとつ。西ローマ帝国滅亡後に土砂の下に埋もれてしまったそうですが、19世紀から本格的な発掘作業を開始。フォロ・ロマーノには大小様々な遺跡が残っており、ウィア・サクラ(聖なる道)に沿って、タブラリウム(国家公文書館)、コンコルディア神殿、ウェスパシアヌス神殿、セプティミウス・セウェルスの凱旋門(パルティア遠征の戦勝記念門)、ロストラ(凝灰岩で造られた演壇)、サトゥルヌス神殿、クリア・ユリア(元老院議事堂)、フォカスの記念柱、バシリカ・ユリア(5廊式の巨大建築物)、ウェヌス・クロアキナ祠(小川の女神を祭った祠)、バシリカ・アエミリア、カストルとポルックス神殿、サンタ・マリア・アンティクァ聖堂(ローマ最古の教会堂のひとつ)、ディウウス・カエサル神殿、アウグストゥスの凱旋門(戦勝を記念して造られた記念門)、レギア(王宮と伝えられる建築物)、ウェスタ神殿、巫女たちの家(ウェスタ神殿の巫女たちの住居)、アントニヌス・ピウスとファウスティナ神殿、ロムルス神殿、マクセンティウスとコンスタンティヌスのバシリカ、ウェヌスとローマ神殿(女神ウェヌスと女神ローマの神殿)、ティトゥスの凱旋門(現存するローマ市最古の記念門)があります。1980年に「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂」(英名:Historic Centre of Rome, the Properties of the Holy See in that City Enjoying Extraterritorial Rights and San Paolo Fuori le Mura)としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。(参考文献:ウィキペディア&イタリア政府観光局ホームページ)

みんなの旅行・観光動画(写真・お土産情報付き)

動画一覧 / 写真一覧 / お土産一覧

データを取得中です


フォロ・ロマーノの地図


関連項目

sponsored link


sponsored link


バックナンバー

»
«