コンスタンティヌスの凱旋門(イタリア)/観光(地図・写真・動画付き)

コンスタンティヌスの凱旋門(Arco di Costantino)

「コンスタンティヌスの凱旋門」は、イタリアのローマにある古代ローマ時代の凱旋門であり、ローマ建築の代表的な建築物のひとつ。副帝「コンスタンティヌス」が、正帝「マクセンティウス帝」に勝利し、西ローマで唯一の皇帝となった事を記念して建てられた門であり、フランスのエトワール凱旋門のモデルにもなっているとのこと。ただし、コンスタンティヌスの時代から200年前の装飾などが見られるため、2世紀頃に建設された門をコンスタンティヌスが改変しただけという説もあります。1980年に「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂」(英名:Historic Centre of Rome, the Properties of the Holy See in that City Enjoying Extraterritorial Rights and San Paolo Fuori le Mura )としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。(参考文献:ウィキペディア&イタリア政府観光局ホームページ)

みんなの旅行・観光動画(写真・お土産情報付き)

動画一覧 / 写真一覧 / お土産一覧

データを取得中です


コンスタンティヌスの凱旋門の地図


関連項目

sponsored link


sponsored link


バックナンバー

»
«