サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(イタリア)/観光(地図・写真・動画付き)

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(Florence Cathedral)

「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」は、イタリアのフィレンツェにあるキリスト教(カトリック)の教会であり、ドゥオーモ(大聖堂)、サン・ジョヴァンニ洗礼堂、ジョットの鐘楼の三つの建築物で構成されているフィレンツェの大司教座聖堂です。名前になっている「サンタ・マリア・デル・フィオーレ」とは、「花の(聖母)マリア」という意味。巨大なドームが大きな特長となっており、石積み建築のドームとしては世界最大級。イタリアの晩期ゴシック建築・初期ルネサンス建築を代表する建築物としても知られています。1296年から140年以上をかけて建設されたとのこと。1982年に「フィレンツェ歴史地区」(英名:Historic Centre of Florence )としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。(参考文献:ウィキペディア&イタリア政府観光局ホームページ)

みんなの旅行・観光動画(写真・お土産情報付き)

動画一覧 / 写真一覧 / お土産一覧

データを取得中です


サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の地図


関連項目

sponsored link


sponsored link


バックナンバー

»
«