ピサの斜塔(イタリア)/観光(地図・写真・動画付き)

ピサの斜塔(Leaning Tower of Pisa)

「ピサの斜塔」は、イタリアのピサ市にあるピサ大聖堂の鐘楼であり、イタリアの観光スポットとして著名な建造物。高さは地上55m、階段は297段。一時傾斜の増大と倒壊の危惧の状態にありましたが、1990年から2001年の間に行われた工事によって、5.5度の傾斜が約3.99度に是正され、当分崩壊の問題はないと判断されています。また、長らく世界中で最も傾斜している建物として知られていましたが、ドイツ北西部エムデンの付近にある教会の尖塔(ズールフーゼンの斜塔)の方が傾斜していると判断され、2009年のギネスブックからはズールフーゼンの斜塔がピサの斜塔に代わって掲載されるとされた他、2010年6月にはアラブ首長国連邦アブダビにある「キャピタルゲートビル」が傾斜角約18度であるとしてギネスブック世界記録に新たに認定されています(ただし、こちらは意図的に傾斜させた建造物)。1987年に「ピサのドゥオモ広場」(英名:Piazza del Duomo, Pisa)としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。(参考文献:ウィキペディア&イタリア政府観光局ホームページ)

みんなの旅行・観光動画(写真・お土産情報付き)

動画一覧 / 写真一覧 / お土産一覧

データを取得中です


ピサの斜塔の地図


関連項目

sponsored link


sponsored link


バックナンバー

»
«