サン・ジミニャーノ歴史地区(イタリア)/観光(地図・写真・動画付き)

サン・ジミニャーノ歴史地区(Historic Centre of San Gimignano)

「サン・ジミニャーノ歴史地区」は、イタリアのサン・ジミニャーノにある中世の街並を残す地区であり、標高324mの丘の上の「塔の街」として広く知られています。フランチジェーナ街道の建設に町の発展が始まり、流通の主要拠点として栄え、聖ジミニャーノの「指と指輪」が安置された聖堂への巡礼者が多く訪れる街として繁栄。教皇派と皇帝派が、より高くより美しい塔を建てることを貴族同士競い合ったため、街内には72もの塔が街内に建設されたとのこと。サン・ジミニャーノ歴史地区にある主な文化遺産には、「サン・ジョバンニ門(石組の中世城塞の門)」「ドゥオーモ広場(塔に囲まれた広場)」「ドゥオーモ(多数の美術品が内部にある大聖堂)」「チステルナ広場(三角形の広場)」「市立美術館(ポポロ宮殿とも)」「サンタゴスティーノ教会(13世紀に建築された教会)」「ロッカ(街の城砦跡/再建されて公園となっている)」などがあります。1990年に「サン・ジミニャーノ歴史地区」(英名:Historic Centre of San Gimignano)としてユネスコの世界遺産(1990年)に登録。(参考文献:ウィキペディア&イタリア政府観光局ホームページ)

みんなの旅行・観光動画(写真・お土産情報付き)

動画一覧 / 写真一覧 / お土産一覧

データを取得中です


サン・ジミニャーノ歴史地区の地図


関連項目

sponsored link


sponsored link


バックナンバー

»
«