シエーナ大聖堂(イタリア)/観光(地図・写真・動画付き)

シエーナ大聖堂(Siena Cathedral)

「シエーナ大聖堂」は、イタリアのシエーナにあるキリスト教・カトリックの教会堂であり、大聖堂、司教館、サン・ジョヴァンニ洗礼堂、ピッコロミーニ図書館、拡張工事部分(未完)からなるシエーナの司教座聖堂です。イタリアで最も美しいゴシック様式のファサード(建築物の正面デザイン)と称されることも多く、建設時期などからもゴシック建築のひとつに数えられていますが、建物全体はロマネスク建築となっています。シエーナ大聖堂の起原は伝説の域を出ず、明確にはなっていませんが、ファサードは1284年頃にジョヴァンニ・ピサーノによって起工。1288年にドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ作の円形窓が聖歌隊に設置。1311年に大聖堂の大祭壇画「マエスタ」がドゥッチョのアトリエから運搬され、大聖堂はおおよその完成となったとのこと。1995年に「シエーナ歴史地区」(英名:Historic Centre of Siena )としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。(参考文献:ウィキペディア&イタリア政府観光局ホームページ)

みんなの旅行・観光動画(写真・お土産情報付き)

動画一覧 / 写真一覧 / お土産一覧

データを取得中です


シエーナ大聖堂の地図


関連項目

sponsored link


sponsored link


バックナンバー

»
«