ガッラ・プラキディア廟堂(イタリア)/観光(地図・写真・動画付き)

ガッラ・プラキディア廟堂(Mausoleo di Galla Placidia)

「ガッラ・プラキディア廟堂」は、イタリアのラヴェンナにある末期ローマ建築の霊廟であり、サンタ・クローチェ教会堂の付属建築物として5世紀に建設された建築物です。建設目的が解明されてはいないものの、モザイク画から推測を行うと、聖ウィンケンティウスの信仰に対する記念礼拝堂であったと考えられています。また本来は、サンタ・クローチェ聖堂のナルテクス(廊下状の前室)の左右に付帯する同形の建築物があったのですが、道路敷設のためにナルテクスと反対側の建築物は取り壊されてしまったため、現在はサン・ヴィターレ聖堂の敷地になったかのように思われる場所に寂しげに建っているのがなんとも印象的です。1996年に「ラヴェンナの初期キリスト教建築群」(英名:Early Christian Monuments of Ravenna)としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。(参考文献:ウィキペディア&イタリア政府観光局ホームページ)

みんなの旅行・観光動画(写真・お土産情報付き)

動画一覧 / 写真一覧 / お土産一覧

データを取得中です


ガッラ・プラキディア廟堂の地図


関連項目

sponsored link


sponsored link


バックナンバー

»
«