サンタポリナーレ・ヌオヴォ聖堂(イタリア)/観光(地図・写真・動画付き)

サンタポリナーレ・ヌオヴォ聖堂(Basilica di Sant’Apollinare Nuovo)

「サンタポリナーレ・ヌオヴォ聖堂」は、イタリアのラヴェンナにあるキリスト教の教会堂(カトリック教会のバシリカ)であり、東ゴート王国のテオドリック王によって建設されたアリオス派の数少ない遺構のひとつです。ラヴェンナの初期キリスト教建築活動の第二期に建設された教会堂のひとつでもあり、年代的にはアリウス派洗礼堂と時期は同じ。また、美しいモザイク画が残っていることでも有名であり、内部の壁面上部には6世紀時のままのモザイク画が存在しています。ただし、たびたび高潮の被害に遭ったことから、16世紀に床面が1.2m以上高く持ち上げられており、このため床面に敷詰められていたモザイクは見ることができなってしまっています。1996年に「ラヴェンナの初期キリスト教建築群」(英名:Early Christian Monuments of Ravenna)としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。(参考文献:ウィキペディア&イタリア政府観光局ホームページ)

みんなの旅行・観光動画(写真・お土産情報付き)

動画一覧 / 写真一覧 / お土産一覧

データを取得中です


サンタポリナーレ・ヌオヴォ聖堂の地図


関連項目

sponsored link


sponsored link


バックナンバー

»
«