サン・ヴィターレ聖堂(イタリア)/観光(地図・写真・動画付き)

サン・ヴィターレ聖堂(Basilica di San Vitale)

「サン・ヴィターレ聖堂」は、イタリアのラヴェンナにあるカトリック教会のバシリカであり、ビザンティン建築・初期キリスト教建築の代表的な聖堂(教会堂)として知られている建造物。6世紀前半に建設され、八角形の集中式平面というかなり特殊な平面構成は歴史家アグネルスによると「他のいかなるイタリアの教会建築とも類似しない」とのこと。8世紀初頭に東ローマ帝国から分離・衰退したため、東ローマ帝国で起こった聖像破壊運動の被害を受けておらず、初期ビザンティン美術の美しいモザイク画が残っていることでも知られています。1996年に「ラヴェンナの初期キリスト教建築群」(英名:Early Christian Monuments of Ravenna)としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。(参考文献:ウィキペディア&イタリア政府観光局ホームページ)

みんなの旅行・観光動画(写真・お土産情報付き)

動画一覧 / 写真一覧 / お土産一覧

データを取得中です


サン・ヴィターレ聖堂の地図


関連項目

sponsored link


sponsored link


バックナンバー

»
«