サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂(イタリア)/観光(地図・写真・動画付き)

サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂(Basilica di Sant’Apollinare in Classe)

「サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂」は、イタリアのラヴェンナ近郊にあるビザンティン建築の教会堂であり、最盛期のラヴェンナを物語る遺構として知られている建造物です。東ゴート王国のアマラスンタ女王によって、6世紀中期に建設され、現存する貴重な初期キリスト教建築のバシリカのひとつ。また、アプスにあるモザイク画が特に有名であり、半ドーム部分には預言者モーゼと預言者エリヤ、青い円形内に浮かぶ巨大な黄金の十字架、3匹の白い羊が描かれており、この羊はペテロ、ヨハネ、ヤコブを表現しているとのこと。1996年に「ラヴェンナの初期キリスト教建築群」(英名:Early Christian Monuments of Ravenna)としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。(参考文献:ウィキペディア&イタリア政府観光局ホームページ)

みんなの旅行・観光動画(写真・お土産情報付き)

動画一覧 / 写真一覧 / お土産一覧

データを取得中です


サンタポリナーレ・イン・クラッセ聖堂の地図


関連項目

sponsored link


sponsored link


バックナンバー

»
«