サン・レウチョの邸宅群(イタリア)/観光(地図・写真・動画付き)

サン・レウチョの邸宅群(Complesso di San Leucio)

「サン・レウチョの邸宅群」は、イタリアのカンパニア州カゼルタにある分離集落内にある邸宅群です。1750年にナポリ王カルロ7世によってサン・レウチョを王家専用の狩猟場にしたことが、サン・レウチョの歴史の始まりであり、上水道網が整備され、猟場以外にも技術革新に基づいた実験が行われるなどして町は発展していく。絹工場や養蚕・製糸・織物工場、労働者のための住居などが次々に増築されていき、当時のヨーロッパにおいて最も先進的な製糸・織物業の街として大いに栄えたとのこと。1997年に「カゼルタの18世紀の王宮と公園、ヴァンヴィテッリの水道橋とサン・レウチョの邸宅群」(英名:18th-Century Royal Palace at Caserta with the Park, the Aqueduct of Vanvitelli, and the San Leucio resort)としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。(参考文献:ウィキペディア&イタリア政府観光局ホームページ)

みんなの旅行・観光動画(写真・お土産情報付き)

動画一覧 / 写真一覧 / お土産一覧

データを取得中です


サン・レウチョの邸宅群の地図


関連項目

sponsored link


sponsored link


バックナンバー

»
«