カッチャ宮殿及びストゥピニージ宮殿(イタリア)/観光(地図・写真・動画付き)

カッチャ宮殿及びストゥピニージ宮殿(Palazzina di Caccia di Stupinigi)

「カッチャ宮殿及びストゥピニージ宮殿」は、イタリアのトリノ周辺にある宮殿であり、1729年にヴィットリオ・アメデオ2世によってフィリッポ・ユヴァッラに狩猟用の宮殿として設計を依頼。その後、ベネデット・アルフィエリらによるが拡張が施され、屋根の上にフランチェスコ・ラダッテの鹿のモニュメントが設置されている他、聖アンデレ十字の形に建物が左右に延びているのが印象的な建築物となっています。現在は美術品や歴史的家具の博物館が内部に併設されているとのこと。1997年に「サヴォイア王家の王宮群」(英名:Residences of the Royal House of Savoy)としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。(参考文献:ウィキペディア&イタリア政府観光局ホームページ)

みんなの旅行・観光動画(写真・お土産情報付き)

動画一覧 / 写真一覧 / お土産一覧

データを取得中です


カッチャ宮殿及びストゥピニージ宮殿の地図


関連項目

sponsored link


sponsored link


バックナンバー

»
«