パドヴァの植物園(イタリア)/観光(地図・写真・動画付き)

パドヴァの植物園(Orto botanico di Padova)

「パドヴァの植物園」は、イタリアのヴェネト州にあるパドヴァ大学付属植物園であり、同大学はガリレオやダンテ、ペトラルカが教鞭を取っていたことやコペルニクスが学んだことでも有名です。「パドヴァの植物園」は研究目的の大学付属施設の植物園としては世界で最も古いと言われており、植物学者「フェデリコ・ボナフェーデ」によって構想され、建築家「アンドレア・モロニ」が設計を担当(園内には創設当時の設計による庭園が現在も残っています)。また、この植物園では、ヨーロッパで最初にヒマワリの花を開花させることに成功した他、イタリアで初めてジャガイモの栽培が行われた場所でもあります。1997年に「パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)」(英名:Botanical Garden (Orto Botanico), Padua)としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。(参考文献:ウィキペディア&イタリア政府観光局ホームページ)

みんなの旅行・観光動画(写真・お土産情報付き)

動画一覧 / 写真一覧 / お土産一覧

データを取得中です


パドヴァの植物園の地図


関連項目

sponsored link


sponsored link


バックナンバー

»
«