ベルン旧市街(スイス)/観光(地図・写真・動画付き)

ベルン旧市街(Old City of Berne)

「ベルン旧市街」は、中世ヨーロッパ都市の姿を今に伝える美しい町並みが残っている、スイスの首都ベルンにある旧市街です。ベルンの町は、ベルトルト5世(ツェーリング家)によって1191年頃に創設されたとされており、三方をアーレ川に囲まれた丘の上に建てられ(自然の防壁の役割)、残りの一方には城壁や堀、時計塔などが築かれています。非常に明瞭な都市化の意図に沿って開発されていった町であり、1405年に大火災に遭うものの、さらに堅固に再建されています。ベルン旧市街の主な建造物には、チェートクロッケ(Zytglogge/時計塔/16世紀に精巧な人形が動く天文時計が据え付けられる)、ゴシック様式末期の教会(高さ100メートルの鐘楼がある)、15世紀のアーケードと地下道(オリエル、砲塔、落とし穴などを備えた建造物)、16世紀の噴水群(寓話的な彫刻で飾られた噴水)などがあります。1983年にユネスコの世界遺産に登録(文化遺産)。(参考文献:ウィキペディア&スイス政府観光局ホームページ)

みんなの旅行・観光動画(写真・お土産情報付き)

動画一覧 / 写真一覧 / お土産一覧

データを取得中です


ベルン旧市街の地図


関連項目

sponsored link


sponsored link


バックナンバー

»
«