ラヴォーのブドウ段々畑(スイス)/観光(地図・写真・動画付き)

ラヴォー(Lavaux)

「ラヴォー」は、スイスのヴォー州にあるブドウ栽培地方であり、レマン湖畔の段々畑で広く知られています。800ヘクタールを超えるブドウの栽培面積を誇り、土壌と微気候が非常に多様性に富んでおり、豊富な種類のワインがこの地から誕生。主なワインの銘柄としてはリュトリ (Lutry)、ヴィレット (Villette)、ウペス(エペス、Epesses)、カラマン・グラン・クリュ (Calamin Grand Cru)、デザレー・グラン・クリュ (Dezaley Grand Cru)、サン=サフォラン (Saint-Saphorin)、シャルドンヌ (Chardonne)、ヴヴェー=モントルー (Vevey-Montreux)などがあります。2007年に「ラヴォーのブドウ段々畑」(Lavaux, Vineyard Terraces)としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。(参考文献:ウィキペディア&スイス政府観光局ホームページ)

みんなの旅行・観光動画(写真・お土産情報付き)

動画一覧 / 写真一覧 / お土産一覧

データを取得中です


ラヴォーの地図


関連項目

sponsored link


sponsored link


バックナンバー

»
«